【バスケフェイントのコツ】バスケ初心者向け!100%使えるシュートフェイク方法を解説!

バスケブーム
読者さん
読者さん

初心者でも使えるバスケのフェイントを教えて!

ばびたん。
ばびたん。

バスケ歴25年のばびたん。です♬

初心者でも使えるシュートのフェイント。

”シュートフェイク”を教えましょう。

という訳で今回は、

初心者でも100%使えるシュートフェイク技術のコツをわかりやすく丁寧に紹介します。

シュートフェイクとは・

シュートを打つ素振りをして相手を騙す技

こんな人におすすめの記事です
  • バスケ初心者・素人の人
  • バスケが上手くなりたい人
  • 使えるフェイクを覚えたい
  • 球技大会で活躍したい
  • 体育の授業で使ってみたい

試合でも体育でも球技大会でも遊びでも、どこでも使えるフェイント『シュートフェイク』

完璧なシュートフェイクを覚えて、どんどんバスケで使ってみよう!

フェイントが使えると、バスケのプレーの幅が広がります♬

ばびたん。
ばびたん。

シュートフェイクに引っ掛かると相手は飛びます。

その飛ばした時の快感を味わってほしい!

フェイントには冷静さが大切!

仙道彰の様なクレバーさを目指そう!!

スポンサーリンク

なぜシュートフェイクなの?

ばびたん。
ばびたん。

これから覚える技術

シュートフェイクが使える理由を知っておこう。

シュートフェイクを選ぶ理由

バスケットはシュートを一番警戒しているスポーツだからです

相手はとにかくシュートを決められたくない心理があります。

シュートの構えをするだけで『ビクッ!!』とします。

僕もシュートフェイクには敏感で、身体が勝手に反応してしまいます笑

ただ、簡単で一番使える最強フェイントですが、使うタイミングとコツがあるんです。

ばびたん。
ばびたん。

一番使えるフェイントだけど、

使うタイミングと必要なコツが3つあるんです。それについて解説します。

シュートフェイクのコツは3つ

実は、ただシュートを打つフリをするだけでは相手は引っ掛からないんです。

読者さん
読者さん

え!?

シュートのフリをするだけじゃダメなの!?

ばびたん。
ばびたん。

もう大丈夫!

相手が思わず引っ掛かるシュートフェイクのコツを教えるよ♪

以下の3つの動作をしっかり順番に入れるだけです。

必ず行う3つの動作
  1. ゴールを見上げる動作
  2. 膝を少し曲げる動作
  3. シュートを打つ素振りをする動作

たったこれだけで、びっくりするくらい簡単に、面白いくらい引っ掛かります。

それぞれの動作にもコツがあるので、解説していきます。

①~③の動作を順番に行うと、使えるシュートフェイクが出来るようになります。

ばびたん。
ばびたん。

相手が引っ掛からない理由は、

③のシュートを打つ素振りしかしていないから。

教える順番で実践すれば、100%使えるシュートフェイクが完成するよ♬

読者さん
読者さん

なるほど。

順番通りに実践してみよう!

①ゴールを見上げる動作のコツ

顎を上げて、目線をゴールに向ける。

これだけでOKです!

実は、顔を上げる動作をしているつもりでも、実際はそこまで上がっていません。

理由は気持ちが焦ってしまい、ひとつの動作が雑になるからです。

ゴールを見上げるポイントを簡単にまとめてみました。

ゴールを見上げる時のポイント
  • 顎を上げると顔が上がる
  • 目線はゴールを見る
  • 焦って雑にやらない

ゆっくりでも効果抜群な分、重要ポイントです!

慌てずにしっかりとやる事で相手に『シュート』を意識させます。

ばびたん。
ばびたん。

目を使うフェイント技術はフェイントの基礎。色々なフェイントに応用できます。

例えばパスをする際に使えばノールックパスになったりするよ♬

読者さん
読者さん

相手も目線を気にしているんだなぁ。

顎を上げてゴールを見る!

覚えておこう!

次に、『膝を少しだけ曲げる』動作を行います。

②膝を少し曲げる動作のコツ

つま先ゴールに向けて、軽く曲げる。

ゴールを見上げて膝を曲げるという動作は『シュート』の準備体勢を示唆します。

超簡単な動作でも①『ゴールを見上げる』と連動する事でバツグンの効果を発揮します♬

以下のイメージでポイントをまとめてみました。

膝を少し曲げる時のポイント
  • つま先をゴールに向ける
  • 膝は両肩が少し下がるくらい曲げる
ばびたん。
ばびたん。

ゴールを見て膝を曲げる動作をされると相手はシュートを打つ動作と認識します。

相手は反射的に手を上げたり距離を詰めようと動きます♬

読者さん
読者さん

えと、まず顎を上げてゴールを見たら

膝を軽く曲げるんだね!OK!

次は、いよいよ最後の動作『シュートを打つ素振り』です。

③シュートを打つ素振りの動作をするコツ

ボールを素早く少し顎に近づけます

サッと素早くボールを顔に近づける動作をします。

①~②の動作をしてから行う、この動作は『いよいよシュートするのか!』と相手に思わせます。

引っ掛かる理由は『シュートを打とうとしている動作』なのでフェイントと思わないからです。

シュートを打つ素振りのポイント
  • ボールを素早く動かす
  • 顎の付近まででOK
ばびたん。
ばびたん。

もうシュートだな!と思わせるには、

このくらいオーバーに大げさにやるくらいでOK!

読者さん
読者さん

顎を上げてゴールを見て、

膝を軽く曲げてボールを顎に近づける。

なんかシュートっぽくなってきたね!

最後に、この『100%使えるシュートフェイク』を活かせるタイミングがあります♪

100%活かせるタイミング

ゴールに近い距離でボールを持った時

ゴールに出来るだけ近い場所で、ボールを持った時が最大のチャンス!

理由は、シュートの入る確率が高いからです。

初心者でも経験者でも、ゴール近くで打つシュートの方が入る確率は高くなります。

なので、相手はシュートを決められてしまう心理が働いて、瞬間的に焦る。

このタイミングが最もシュートフェイクの効果が発揮される瞬間なのです。

ばびたん。
ばびたん。

相手が一番嫌がるのは、

シュートを決められることです。

相手からするとシュートフェイクは一番脅威となる動作です♬

しかも、入る確率の高い場所でシュート動作をされると経験者でも焦ります笑

読者さん
読者さん

シュートフェイクは本当にシュートを打つ動作なんだ!

でも、打たない!これがフェイントなんだね!

ばびたん。
ばびたん。

その通り!

いかに相手を騙せるかがフェイントには重要なんだ。

本当にシュートを打つ直前の動作だからフェイントになる。

シュートを打ちそうにない動作はフェイントにならないんだ♪

シュートフェイクのまとめて終わりにしましょう♪

https://babibabibabitan.com/1404/

シュートフェイクのコツまとめ

ここまでの記事内容をまとめます。

シュートフェイクを使うタイミングはゴールから近い距離!

使えるシュートフェイク動作まとめ
  1. 顎を上げて目線をゴールに向ける
  2. 両肩が上がるくらい膝をか少し曲げる
  3. ボールを素早く顎に近づける

この動作は、簡単で長く使えるフェイントテクニックです。

ばびたん。
ばびたん。

シュートフェイクは個人練習です。

こっそりやって、試合で使いましょう♪

読者さん
読者さん

思ったより簡単!このシュートフェイクなら簡単に出来そう!

この手順を繰り返しすだけで、すぐに使えるフェイントになります。

シュートフェイク後に使えるオフェンスについては別記事で紹介予定です♬

あとがき

バスケットはシュートの確率が良い方が勝つスポーツです。

仮に、ひと試合で得点を50点取るとしたら2ポイントなら最低でも25回はシュートを打ちます。

実際には50回、100回とシュートを打っているのです。

何度もシュートを打つ中で、いきなり使う『シュートフェイク』は輝きます♪

よりリアルに!本当に打つかのように動作をするのがポイントです。

是非、意識して使ってみて下さい。

https://babibabibabitan.com/2057/

コメント

タイトルとURLをコピーしました