大谷翔平が語る結婚生活とは【独占コメントまとめ】田中真美子さんとのプライベートトーク

当ページのリンクには広告が含まれています。
MLB大谷翔平特集

大谷『結婚』

このフレーズは世界に衝撃を与え、多くの人々は彼を祝福♪

今回はこれまで語られなかったプライベートを独占コメントした内容をお伝えします◎

特集内容―
大谷翔平が語る奥さんとの結婚生活とは
お互いの愛称、遠距離でも愛を育んだデート方法、彼女の手料理は何が美味しいのか、記念日の贈るプレゼントなどプライベートを赤裸々に語ってくれています

バビーザ
バビーザ

スーパースターのプライベートに切り込む!ファン注目のコメントを要約してご紹介♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大谷翔平が語る結婚生活とは【独占コメントまとめ】

独占コメントまとめ♪

バビーザ
バビーザ

5項目について語ってくれました♪

かんたんまとめでお届けします!

大谷翔平が語る結婚生活【独占】田中真美子さんとの遠距離のデート方法

『1日40時間あったらいいのに』

という過去のコメントも残していた超スーパースター

メジャーでの生活は多忙を極める大谷選手はいかにして日本に住む彼女とデートをしていたのでしょうか?

以下の様にコメントしています♪

大谷翔平のコメント

Q.多忙の中、時間をどう捻出していたのか―

「彼女も働いていたので去年のシーズン中はほとんどアメリカへは来ていませんし、僕が右ヒジの手術をした後も、デコ(愛犬のデコピン)とふたりでリハビリしていましたからね。わざわざ時間を作るようなことはありませんでした」 

Q.日本とアメリカでオンライン通話?

「そうですね。電話で話をしていました。電話しながら一緒のものを見たり……お笑いも見ていましたし、ドラマも見ました。たとえば『VIVANT』とか、今はNetflixを見ています。『忍びの家』とかね」 

Q.日本と米国で同じ番組を視聴?

「そうですね。同じタイミングでテレビをつけて、同じタイミングで再生して、みたいな感じです」

Q.どんなタイプの女性?どんな部分に惹かれた?

「何ですかね……比較的、見たいものだったり、一緒に楽しめるものが多いなっていうのは感じますね。だからといって好きなものが全部同じってわけじゃなくて、彼女は小説が好きでよく読むタイプなんですけど、僕はまったく読まないタイプなんで、違うところは違う、一緒のところは一緒って感じです」


(引用元:NomberWeb
バビーザ
バビーザ

彼女に惹かれた部分としては、

一緒に居て楽しいというのがひとつの理由のようです!

大谷翔平が語る結婚生活【独占】田中真美子さんの手料理で美味しかったもの

田中真美子さんが作る手料理は何が美味しかったのかについて触れています◎

『ドライカレーが美味しかった』

大谷選手の身体を作る栄養バランスの良いメニューだったようです♪

大谷翔平の独占コメントがコチラです!

大谷翔平のコメント

Q.最初に作ってくれた料理とは?

「一番最初ですか? 一番最初か……彼女はアメリカには来ていますがキャンプ地には来ていないので、最初が何だったのか、うーん、思い出せないなぁ」

Q.それでは、作ってもらって美味しかった料理は何ですか?

「彼女としては作るのが難しい料理を言ってほしいんでしょうけど……へへへ。僕はカレーがやっぱり美味しかったですね」

Q.具が多いタイプのカレーでしたか?

「いや、ドライカレーでした。ルーから作ってくれましたよ。すごく美味しかった」 

(引用元:NomberWeb
バビーザ
バビーザ

ルーから作るあたりにこだわりを感じます♪

楽しい食事だったのが想像できますね!

大谷翔平が語る結婚生活【独占】田中真美子さんと呼び合う愛称は

そして、大谷夫妻は普段はお互いを何と呼び合っているのか

大谷選手→真美子
大谷夫人→翔平さん

愛称について【独占コメント】をしてくれています◎

大谷翔平のコメント

Q.何と呼ばれてるんですか。

「僕は『さん』付けですね。『翔平さん』とか、あとは短縮した『さん』付けも……」 

Q.翔平さんではなく『翔さん』とか?

「僕は名前を呼び捨てにしています」 

Q.彼女の年齢は下ですか?

「年下です。2個下かな。僕が今年30歳で、彼女が……たぶん28歳です。あれっ、もし間違っていたらごめんなさい(笑)」 

(引用元:NomberWeb
バビーザ
バビーザ

翔平さんと真美子といった感じで呼び合っている様子、

お互いに気を使わない環境で気楽に楽しく過ごしていることでしょう◎

▽大谷夫人「田中真美子」さんとは―

大谷翔平が語る結婚生活【独占】田中真美子さんへの誕生日プレゼントとは

大谷夫人への誕生日プレゼントは―

シューズをプレゼント

もともとプレゼントをする際は、実用的な物を選び、さらには知人を通して購入するとのことなので夫人へのプレゼントと周囲に察しられることは無かったのでしょう♪

誕生日に贈っていたプレゼントについての【独占コメント】がコチラ

大谷翔平のコメント

Q.誕生日は一緒に過ごしたりは出来ましたか?

「そうですね。僕の誕生日はシーズン中だったので無理でしたが、彼女の誕生日には一緒にいました。僕も彼女も仕事の予定があったりして、それがジャストの日だったのかはともかく、誕生日が近いタイミングで一緒にお祝いをしました」


Q.お誕生日のプレゼントには何を選びましたか?

「シューズです。彼女のサイズで作ってもらいました。店舗に出向いて買うのは難しかったので、人にお願いして、『プレゼントあげたいんだけど』と……もちろん誰にとは言いませんでしたが、母や(通訳の水原)一平さんにプレゼントするときもそうしてきましたから、彼女にもそうやって用意しました。僕と一緒で、何が欲しいというタイプじゃなくて、何でもいいけど実用的に使えるものがいいかな、というタイプなので……何がいいかな、これがいい、じゃあ、そうしようって感じでした」

Q.「短いスパンでたまたま会った」と仰っていました、大谷さんの生活を考るとジムなどでしょうか?

「ジムではないんですが、練習しているときだったみたいですね。というのも僕にとってはそこが微妙なところで、彼女が『最初に会った』と言うときのことを僕は認識していなかったんです。彼女曰く『すれ違いざまに挨拶してくれた』と言うんですけど、僕はそれがどこなのか思い出せない。練習施設の中の廊下だって……でも、その次の2回目と3回目に会ったときのことはしっかり覚えています。だから、2週間ちょっとの間に3回、うち2回は会ったのを僕も覚えています(笑)」

(引用元:NomberWeb
バビーザ
バビーザ

会えない時間がってもお互いに時間を作り、

イベント毎は大事にして2人の時間を育んでいたようです♪

大谷翔平が語る結婚生活【独占】結婚の決め手とは

大谷翔平が結婚を決断する『決め手』とは―

一緒にいて楽だし、楽しい

これと言ったものを言い表すのは難しい様ですが、決め手について【独占コメント】をしてくれています♪

大谷翔平のコメント

Q.大谷さんはエンゼルスを選んだときも右ヒジの手術を決断したときも、直感を大事にしてきましたが、今回も直感のようなものはありましたか

「どうなんでしょう。それもあるとは思いますが、一緒にいて楽だし、楽しいし。僕はひとりでいたときとそんなに変わらずにいられるんです。彼女がいるからといって喋り方が変わるとか食べ方が変わるとか、そういうことなく、気を遣う必要がないので、最初から僕は何も変わらずにいられるというスタイルでした。そういうところなんじゃないかな」 

Q.決断の決め手は何でしたか?

「決め手か……決め手は、何なんでしょうね。僕にもわかんないです。これっていうものが、悪く言ったら決め手を欠くし、よく言えばいっぱいあるし……へへへ」 


Q.“野球翔年”大谷翔平、いつまでも子どもだなあと思っていましたが、ついに夫なになりまいたね!

「そうですねぇ……と言いつつも、僕は変わっていないので、結婚したりワンコがいたりというのは変わったところですけど、今のところは実感はないですね。子どもができれば変わるのかもしれませんけど、そこまでの大きな変化は感じていません」 


Q.彼女の前では子どもなんですか?

「僕ですか? どうなんでしょう。僕のほうが年上なので……でも、それは彼女に訊かないとわかりません(笑)」

(引用元:NomberWeb
バビーザ
バビーザ

スーパースターでもひとりの人間!

フィーリングが良かったというのが決め手となった様です♪

▽大谷夫人「田中真美子」さんとは―

大谷翔平が語る結婚生活【独占コメント】プライべートトークまとめ

大谷翔平が結婚生活
【独占コメント】まとめ
お互い遠距離という環境であってもオンライン電話を繋いで同じ番組を観る形で2人の時間を過ごしていた、夫人の作る手料理は「ドライカレー」がとても美味しくて記憶に残っていること、夫人は「翔平さん」と呼び、大谷選手は夫人を「真美子」と呼んでいる、誕生日に贈ったプレゼントは実用的な「シューズ」を選び、知人を通して購入してもらっていた、結婚を決めた決め手は「一緒に居て楽だし、楽しい」という事でした。
バビーザ
バビーザ

遠距離であってもお互いが時間を合わせたり、

気持ちを繋いで一緒に過ごせたということが大事な時間となったのでしょう♪

2人にとって距離は関係なかった―

オンライン電話、ビデオ通話を使い時差があってもお互いの時間を見つけては二人の時間を一緒に過ごしてきた結果、一緒に居て楽、楽しいし気を遣わない関係は構築されていき、この人なら一緒に居たいと思える存在となっていったのではないでしょうか

時差がある中で、大谷選手に併せて寄り添う姿勢を見せたであろう夫人のこころ遣い、眠い時間でもいつも明るく素直で素敵な部分に大谷選手も惹かれていったのではないかと予想します―

これからは隣で一緒に同じ空間を過ごせる事で、2人で素晴らしいシーズンを送って欲しいと思います。

今後も大谷選手の情報をお届けしていきます♪

※今回の特集記事は「NomberWeb」独占インタビュー掲載のYahoo!より引用しています(引用元:Yahoo!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バビーザ

話題のゲーム、アニメ、ドラマ、人気作品などのエンタメが大好きな管理人バビーザです。みんなが観たことない作品でも予備知識やよくある質問などまとめて発信するよ!みんな楽しんでいってね!

バビーザをフォローする
MLB大谷翔平特集スポーツ・芸能トレンド情報
バビーザをフォローする
BabitanBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました