【バスケ3ポイントシュートのコツ】 バスケ歴25年が教える!3Pが入るようになる練習メニュー3選!【バスケ初心者~中級者向け】

バスケブーム
読者さん
読者さん

3Pシュートのコツが知りたい!

ばびたん。
ばびたん。

バスケ歴25年!3Pが得意のばびたん。です!

3Pシュートが入る様になる練習法を教えましょう♪

管理人が実際に行っている練習方法で、個人で出来る練習となっています。

この練習を行ってから、3Pシュートの精度が上がりました。

自信を深めて臨んだ社会人バスケットの大会では、1試合で10本(30点分)のシュートを成功する事ができました。

この練習をすると
  • 楽しんでシュートが上手くなる
  • 自分のシュートに自信を持てる
  • 自分の癖、改善点・課題が見つかる
ばびたん。
ばびたん。

楽しんでシュートがうまくなる♪

入る様になれば、自信がつくようになる。

個人で出来る練習だから気楽な練習法です♬

目指すは炎の3Pシューター三井寿!!

それでは、解説していきます。

まずは、3Pシュート練習のコツを知る事で、練習効果を高めましょう。

スポンサーリンク

3Pシュート練習のコツ

3Pシュート練習のコツは以下の通りです。

3Pシュート練習のコツ
  1. ゴールだけを見る
  2. 慌てず焦らない
  3. 自信を持つ
  4. 丁寧におこなう

これが練習でシュートを打つ時のコツです。

この4つを、全て練習の時から意識して行うことで練習効果は大幅にUPします。

試合で使えるシュートにするには、必須のコツとなっています♪

ばびたん。
ばびたん。

練習で入るシュートが試合で使えるかは別問題、練習の段階から、4つのコツを意識する事が大切なんです!

読者さん
読者さん

練習で入っても試合で入らない理由はこういう点なんだね!意識して練習してみます。

4つのコツを意識して、練習メニューに移りましょう。

3Pシュートが入る練習メニュー

全て個人で行える練習です。

それぞれの練習メニューとポイントについて解説していきます。

自分にあった出来る練習メニューを選んで練習してみて下さい。

もちろん、全て出来れば間違いなく3ポイントシュートは入る様になります!!

ばびたん。
ばびたん。

4つのコツを忘れずに!

①90度位置2か所でシューティング(初心者向け)

ゴール正面の90度ラインを使ってシュート練習をしましょう。

この位置は、フリースローラインの延長線上です。

以下の順番通りにシュートが入らなくてもリピートして下さい。

練習メニュー
  1. 90度位置でスリーポイントを5本打つ
  2. フリースローラインで5本打つ

1回の練習で合計10本のシュートを打って、何本入るでしょうか?

この確率を高める事で、自分の何が良い点で悪い点は何かに気が付くと思います。

フリースローは入るのに3Pシュートは入らないとしましょう。

届かない事が課題なのか、力が強すぎるのか、この練習ならではの課題が見つかります。

練習のねらい

立ち位置を換えて5本ずつ打つ事で、力のコントロールを学べます。

ばびたん。
ばびたん。

力のコントロールが出来るとシュート精度は安定します。ゴール正面から打つ事で距離感が身に付きます♪

読者さん
読者さん

届かない時は、届く様にする練習をすれば良いんだね!

シュートの飛距離が届く様になるシュートのコツもあるので、参考に読んでみて下さい。

https://babibabibabitan.com/1540/

②2本×5セットの角度別シューティング(中級者向け)

①~⑤の場所で連続シュートを打つ練習です。

色々な場所でシュートを打ちましょう。

以下の順番通りに、練習して確率を記録しましょう♪

練習メニュー
  1. ①の場所で2本打つ
  2. ②へ移動して2本打つ
  3. ③へ移動して2本打つ
  4. ④へ移動して2本打つ
  5. ⑤へ移動して2本打つ

10本打って、5本入る様になれば5割、3本なら3割とわかりやすい。

プロでも3割入れば凄いと言われる3Pシュート!

ディフェンスもいない中で、シュートが入らなければ、試合では入りません。

何もプレッシャーがない中で自分のシュート精度を体感しましょう♪

練習のねらい

シュートの確率が上がった事を実感して自信を持てる

ばびたん。
ばびたん。

繰り返し行う事で、ムラがわかったり苦手な場所がわかります。改善点は何度も繰り返して自信に繋げましょう♪

読者さん
読者さん

友達と勝負しても面白そう!

楽しく練習できそうだね!

物足りなくなってきたら、本数を増やしたりコーンを置いてディフェンスを意識してみましょう。

③ミートして打つシューティング(中級者向け)

ボールをワンバウンドさせてから、3Pシュートを打ちます。

シュートをする場所は、3Pラインの一番得意な場所で行います。

この練習は、試合を意識した練習メニューです。

練習メニュー
  1. 得意な位置に移動する
  2. 2歩以内の距離でワンバウンドさせる
  3. ボールに合わせて動きボールを持つ
  4. そのままシュートを放つ
  5. 打った後はフォームをチェック

この練習は自分が納得するまで繰り返します。

練習の最後に、疲れてきた時に、試合をイメージして行います。

僕は、満足するシュートが決まったら終了していました。

練習ポイント

試合を意識した活きたボールをミートして打つ

ばびたん。
ばびたん。

シューティングは本数も大事だけど、

満足のいく納得できる事も同じくらい大切♬

その反復が自信を持つ事に繋がるよ。

読者さん
読者さん

練習で試合を意識してシュートが入れば、試合で試したくなるね!

4つのコツを意識して練習してみます。

あとがき

3Pシュートは打てば打つほど、上手くなります。

紹介した練習メニューを繰り返せば必ずシュート精度は上がります♪

練習で自信を深める事でメンタルは強くなり、冷静で慌てない様になることでしょう。

練習や努力は裏切らない。

是非、3Pシュートの練習メニューをお試しください。

業務用パワーを実現した脱毛器!「脱毛ラボホームエディション」

コメント

タイトルとURLをコピーしました