【バスケドリブル初心者向け】ドリブルが上手くなるドリブルの真実3選!

バスケブーム

ドリブルって難しいと思っていませんか?

そんなバスケ初心者の方、ドリブルが上手くなりたい方、チャンス到来です!

ドリブルが上手にならない理由は、ドリブルを理解して練習できていないんです。

ばびたん。
ばびたん。

バスケ歴25年!現役選手兼コーチングをしているばびたんです。

ドリブルは理解していないと、練習しても効果がなくなってしまう。

ドリブルを理解して練習するだけで一気にうまくなりますよ♬

今回は、そんな”ドリブル”を理解できる『ドリブルの真実』を3選形式でお伝えします。

  • バスケ初心者
  • 練習しても上手くならない
  • ドリブルが得意じゃない
  • ドリブルが上手くなりたい

僕自身、このドリブルの真実に気付いた事で、ドリブルが急激に上手くなったと自負しております。

ドリブルが出来る様になると相手を抜くドライブ、速攻時のボール運び、色々な局面で活躍できるプレイヤーになる事が出来ました♬

今ではコーチングをする際にも意識的に取り入れている内容なので、ドリブルハンドリング向上、練習効果のUPは間違いないでしょう。

初心者の頃からこれを知って入れば・・宮城リョータになれたかもと思う今日この頃です・・

https://babibabibabitan.com/2356/

では、ドリブルを理解して、一気に上手になりましょう。

NBAやBリーグ観戦のドリブルの注目ポイントとしても役立つ情報となっています。

スポンサーリンク

ドリブルの真実3選

早速、ドリブルの真実3選についてお伝えします。

ドリブルの真実3選
  1. 1回のドリブルで何歩でも歩ける
  2. ドリブルはボールを持つくらいでいい
  3. 勝負ドリブルは1回の質が大事

プロ選手や経験者は当然の様にやっている事でも初心者にはわかりにくいもの。

初心者の方にもわかりやすく、基本ルールを交えながら解説していきますね!

ドリブル練習をする際に意識すると練習効率が大幅にUPするので参考にしてみて下さい♪

ドリブルの真実①1回のドリブルで何歩でも歩いてOK

バスケットの基本ルールは、ボールを持って歩いていいのは3歩まで。

3歩以上あるいてしまうと『トラベリング』という反則を取られてしまいます。

トラベリングとは

ボールを持った状態で3歩以上あるいてはいけない

ばびたん。
ばびたん。

これをOKしちゃうと、ラグビー状態!

でもバスケ選手はある方法を用いて3歩以上を歩きます。

ここで質問!

あなたは、ドリブル1回で何歩くらい歩けますか?

ドリブル1回とは

ボールをワンバウンドさせて手に戻り、2回目のドリブルをするまでの間

3歩以上を歩いてはいけないと錯覚していませんか?

実は、1回のドリブルで何歩でも歩いてOK!

ボールが床に落ちてから反発する弾性力を利用すれば歩いていい。

強くドリブルをすればボールは強く反発し、弱くすればボールの反発も弱いことは想像し易いのではないでしょうか。

ドリブル中なら何歩でも好きなだけ歩いても反則にはなりません、たくさん歩いちゃいましょう♪

この歩く事をステップという言い方もします。

1回のドリブルを意識して練習すると、ドリブルの精度と質が向上します。

ドリブルの上手な人は、強弱を使い分ける事で相手を抜き去り、シュートまで持っていきます。

ドリブルの真実②ドリブルはボールを持つくらいでいい

手が大きい分、最早持っている状態・・

バスケットには『ダブルドリブル』(2度のドリブル)という反則があるのをご存じでしょうか?

ダブルドリブルとは

ドリブルを止めてボールを保持した状態から、もう一度ドリブルをはじめてはいけない

初心者の内はこのルールに大きく影響を受け、思い切ったドリブルが出来なくなってしまう傾向があります。

ばびたん。
ばびたん。

初心者がドリブルするのが苦手なのは当然!

反則を気にすると委縮してしまいがちに・・

しかし!反則なんて気にしなくてOK!ドリブルはボールを持つくらいでいい!

実は、ドリブル中にボールを持つ様にしても反則を取られない範囲があるんです。

画像で見てみましょう・・

ドリブルをする側の手のひら向きに注目してみましょう。

ドリブルをする手のひらは横まで!上を向けない!

ボールを持つか持たないかのギリギリでOK!

審判にボールを手のひらに乗せたと判断されなければ反則認定されない!

※ドリブル時にボールを手のひらに乗せてしまうと確実に反則を取られます

これを意識する事で、ボールハンドリングは格段に向上します。

ドリブルの上手な人のドリブルというのは、ボールが手に吸い付いているように見えます。

露骨にボールを持っている様に見られなければ反則は取られないので、強気に攻めましょう!

ドリブルの真実③ 勝負シーンのドリブルは1回でいい

実は勝負シーンでそんなにドリブルしない!

実は、勝負シーンでドリブルは多く使わない!

勝負シーンでは、1回のドリブルで勝負は決まります!

勝負シーン
  • ディフェンスを抜くとき
  • シュートまで持っていくとき
ばびたん。
ばびたん。

勝負の瞬間は、1回のドリブルに集中!

難しいテクニックよりもシンプルなドリブルでOKなんだ。

勝負シーンを想定した練習をすることで、得意なドリブル・プレーが生まれます。

1回のドリブルに意識を置く事によって、自分のプレーに自信を持てる様になりますよ♪

是非、闇雲にドリブルをせずに1回のドリブルに集中して練習してみてください。

(※初心者におススメの練習方法に別記事で掲載予定です)

以上、『ドリブルの真実』でした。

是非、練習時の参考にしてみて下さいね!

ここからは、

ドリブルの真実を知って、僕が上達したと思われる理由について記載しておきます。

参考までに読んでみて下さい。

なぜドリブルが上手くなるのか

“ドリブルの真実”を知る事でドリブルが上手くなる理由を考察してみました。

かんたんに説明すると、こんな感じです。

ドリブルが上手くなる理由
  • ドリブルの価値観が変わった
  • ドリブルのコツを掴めた
  • ドリブル練習効果UP

それぞれに理由をまとめています。

ドリブルの価値観が変わる

初心者の内はドリブルを難しく考えてしまいがちで、

ドリブル全てをミスしない様に、反則しない事を気にし過ぎたりしてしまうもの。

簡単に考えて自由に何歩でも歩いてみようと思う事で一気に上達します!

ドリブルに対する価値観が変化し、自由な発想が生まれます。

本来の能力が発揮されない初心者の方達をコーチングしていて確信しました。

ドリブルのコツを掴めた

反則を取られないドリブルの方法を知る事で、コツを掴めるように。

ボールの扱い方をわかってくると、ドリブルが面白くなります。

そうなると、自然と新しい事に挑戦したくなり上達していきます。

練習の効率UP→効果UP

ドリブルの真実を理解する事で、ドリブルの面白さを実感します。

苦手意識や恐れていた事が、一気に好きに切り替わる。

好きに勝るものはない!といった感じで楽しんで練習が出来るので、自然とドリブルは上達していきます。

ドリブル1回の質・精度を理解した練習は、自然とシュートイメトレにもなるのでオススメです♬

あとがき

バスケット初心者の多くが苦戦するのが『ドリブル』です。

苦手だったり、不安があると思いきったプレーはできなくなります。

『ドリブルの真実3選』でドリブルを理解すれば苦手も得意に変化するかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、またの機会に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました